事業案内

HOME事業案内 > 廃棄物リサイクル 燃料・原料供給事業

廃棄物リサイクル 燃料・原料供給事業

 当社では、長年にわたり産業廃棄物・一般廃棄物である“木くず”から製造した木質チップをお客様に安定的に供給。将来的に資源枯渇が懸念される化石燃料に代わり、産業ボイラー用燃料やバイオマス発電用燃料としてご使用頂いています。また、マテリアルリサイクル可能な木くずは良質な木質チップとしてボード原料や製紙原料になり、再び製品として生まれ変わります。
 2004年に千葉リサイクルセンターの操業を開始し、廃棄物として木くずを受け入れ、自社での木質チップ生産が可能となりました。
これまでの供給事業と合わせ、木くずの処理から木質チップ供給までの一貫した体制を構築しました。
 また、木質チップに加え、RPF (Refuse derived paper and plastics densified fuel) も当社は品質管理を第一とした仕入体制を確立し、高カロリーな廃棄物燃料としてユーザー様への安定供給をお約束しています。


エコアクション21