新木場リサイクルセンター

HOME新木場リサイクルセンター> センターの特徴

新木場リサイクルセンターの特徴

アクセスの良い東京都江東区内に設置、
首都圏発生の多種多様な産業廃棄物の中間処理を担います。

 新木場リサイクルセンターは、交通アクセスの良い東京都江東区内に設置、2016年より操業しています。首都圏で発生する多種多様な産業廃棄物を受け入れ、破砕や切断、圧縮梱包などの中間処理により、再資源化や最終処分までのサポートを致します。また、石綿(アスベスト)含有産業廃棄物や廃蛍光管、廃乾電池などの積替え保管の許可を有しており、リフォーム工事、その他の事業から発生する様々な産業廃棄物を受け入れることが可能です。


  • 廃棄物の受け入れから処理まで全て建屋内で
    行ない、周囲環境に配慮しています。
    (敷地面積:1,514 m2

  • 建屋の一部に壁面緑化を施しています。

エコアクション21